キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病に対して言われる「こころの風邪」とはどういう意味? : うつ病の基本情報について

うつ病に対して言われる「こころの風邪」とはどういう意味?

うつ病の基本情報についてメイン

うつ病で言う「こころの風邪」の意味や治る見込みについて聞いてきた質問者への回答です。

うつ病に対して言われる「こころの風邪」とはどういう意味?

ストレス社会の現代では、ちょっとした油断で風邪をひくように、誰もがうつ病になる可能性をもっています。

うつ病はなぜなるのか、どうすれば治るのか考えてみましょう。

■うつ病はなりやすく必ず治る病気。

うつ病はあることをきっかけに発症してしまったり、そうかと思えばあることを契機に治ってしまったり、薬からも卒業できるといった不思議な病気です。

かかりやすく、必ず治る病気という意味で「こころの風邪」と表現されています。

必ずしもうつ病期間の長短をあらわしているフレーズではありません。

短い人なら数週間、長い人では20年間もうつ病を患っている人がいます。

けれども治らない病気ではありません。

諦めずに自分自身とじっくり向き合ってあげることが大事です。

■自分の弱さだけが原因ではない。

うつ病になった原因は「自分の精神が弱いからだ」という人もいますが、そんなふうに自分を責めるべきではありません。

原因には複合的な要素が何重にも絡まっており、すべてが自分の責任ではないからです。

後悔したり反省したりしているのなら、まずそんな自分を取り消してあげましょう。

「自分だけが悪いわけではない、何とかなるさ」と開き直ってあげるのがいちばんです。

*気になる記事→http://toyokeizai.net/articles/-/72490

■うつ病から卒業したいのであれば、抽象的な反省や後悔ではなく、治るための具体的な対策を立て実行に移しましょう。

うつ病にとって、ウジウジ考えるのがもっとも良くない時間です。

あくまでも自分に過剰な負荷をかけない範囲で、1日に1つずつでも具体的な行動を起こしましょう。

スーパーに買い物に行くとか、仲のいい友達(理解者)と食事をしてみるとか、いまの会社環境がいやなら、空想の中で上司をノックアウトさせているような瞑想タイムをもつのも楽しいものです。

PickUp Entry

うつ病になりかけのとき、それを止める方法はありますか?

うつ病の入り口でそれを悪化させずに退治する方法はないかと聞いてきた質問者への回答です。

うつ病はどこに行けば診療してもらえますか?

うつ病は心療内科と精神科のどちらで受診すべきかと聞いてきた質問者への回答です。

Copyright www.businessadomicile.org. All Rights Reserved.